Profile

©Hideki Shiozawa

15歳で渡英。2010年ブラームス国際コンクール優勝、11年英国最高峰として知られるウィンザー祝祭国際弦楽コンクールで日本人初優勝。19年齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。

ソリストとしてフィルハーモニア管弦楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団などの国内外主要オーケストラ、小澤征爾、V.アシュケナージ、小林研一郎などの指揮者や演奏家と共演、またウィグモア・ホール、ロイヤル・フェスティバル・ホールでのリサイタル、主要音楽祭への出演など第一線で活動。

幅広いレパートリーの中でもとりわけラフマニノフ作品、およびイギリス音楽の多分野に渡る研究・演奏をライフワークとし、自身の編曲を多く含むオール・ラフマニノフによるリサイタルを毎年開催、また日本各地でディーリアス、ブリッジ、アイアランド、ボウエン、ブリテンのイギリス5大チェロ・ソナタをはじめ、イギリス音楽の名作普及に尽力している。

国内公演のデュオパートナーには、雁部一浩、横山幸雄、梯剛之、上原彩子、中村愛、渡邊智道、尾崎未空、藤田真央などがいる。

指揮者としての活動に、ナイツブリッジ管弦楽団(英)芸術監督(2013年〜)、日本アンゴラ外交関係樹立40年記念・カポソカ交響楽団日本ツアーなど。

倉田澄子、A.ボヤールスキイ、D.ゲリンガス各氏に師事。英国王立音楽大学首席卒業。

使用楽器は日本ヴァイオリンより貸与の1734年製ゴフリラー。