Profile

©Hideki Shiozawa

15歳で渡英。2010年ブラームス国際コンクール、11年英国最高峰のウィンザー祝祭国際弦楽コンクールで日本人初優勝。19年齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。

これまでにフィルハーモニア管弦楽団、クラーゲンフルト歌劇場管弦楽団、オザワ祝典アンサンブル、読売日本交響楽団、東京交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団など国内外主要オーケストラ、小澤征爾、V.アシュケナージ、小林研一郎、大友直人らと共演を重ね、ロンドンのウィグモア・ホール、ロイヤル・フェスティバル・ホール、パリ・マリニー劇場、ローマ・マルケルス劇場、ザルツブルク・ミラベル宮殿、ニューヨークのマーキン・コンサートホールなど世界各地でのリサイタル、英国王室御前演奏、主要音楽祭やテレビ出演と、第一線で国際的な演奏活動を展開。

ラフマニノフ作品の合唱曲・歌曲、交響曲・管弦楽曲、室内楽曲、ピアノ曲に渡る多分野の研究・演奏をライフワークとし、デビュー盤「ラフマニノフ:チェロ作品全集」は英ストラッド誌特選盤を受賞。2018/19シーズンにはウィグモア・ホールと紀尾井ホールにて史上初となるオール・ラフマニノフ・リサイタルを開催、絶賛を博した。また2016年に世界放映されたNHKテレビ公開収録「宮沢賢治生誕120年記念リサイタル」(100年記念ソリストはヨーヨー・マ)、オール・イギリス、オール・ドイツリートのリサイタルなど、幅広いレパートリーと編曲技術を駆使した多彩な企画で話題を集めている。

倉田澄子、A.ボヤルスキー、D.ゲリンガス各氏に師事。英国王立音楽大学首席卒業。

ナイツブリッジ管弦楽団(英)芸術監督。インターネットラジオOTTAVA「伊藤悠貴 The Romantic」パーソナリティ。シャネル・アーティスト。ピアノ芸術研究会特別会員。

使用楽器は日本ヴァイオリンより貸与された1734年製ゴフリラー。