Vol.39

本日、伊藤さんは「皆様と一緒に、The Romanticについて語っていきたいと思います」とおっしゃり、皆様から届いたたくさんのメッセージ、リクエストに、色々なお話しと一緒にお応え下さいました。
■3月29日の紀尾井ホールでの、オール・ラフマニノフのリサイタルは大変素晴らしく、この時間がずっと続くと良いのにと願ったほどでした・・などのメッセージに・・
・・・伊藤さんは、リサイタルのプログラミングについてなども詳しく、お話しして下さいました。
〜そして、今回特別ということで、番組のメインテーマ曲『夜のしじま』のライブ演奏を聴かせて下さいました。YouTubeにリサイタルのダイジェスト版も載っているので、ぜひ聴いて頂きたいと思いますとおっしゃっていました。

■本日はすべて、伊藤さんが演奏されている曲をご紹介して下さいました。
〜ラフマニノフ:夜のしじま
〜シューマン:献呈
〜R.シュトラウス:あなたは私の心の王冠
〜チャイコフスキー:ユモレスク
〜ヴォルフ:隠棲
■伊藤さんのコンサートやCDで、大好きだなと思う作品の原曲は歌曲と知り、人の声で歌う曲は進んで聴かないのですが、実は歌曲が好きなのではないかと思ってきました・・などというメッセージに・・
・・・伊藤さんは、歌だと気が進まず、楽器が奏でる歌の旋律が好きというかたも多いですが、ラフマニノフやチャイコフスキーの歌や、ドイツリート、中でもヴォルフやマーラーの作品はおすすめで、原曲でも聴いて頂くと、今までになかった感情が生まれると思いますと話されていました。
〜本日一曲目の、伊藤さんが編曲された、ラフマニノフの歌曲の他にも、伊藤さんのアルバムから、シューマン、R.シュトラウス、ライブ演奏のヴォルフの歌曲もご紹介下さいました。ヴォルフ:隠棲はYouTubeにも載っているそうです。
■伊藤さんのセカンドアルバム『The Romantic』は、ラフマニノフの生涯をロマン派の音楽で表現しているように感じられる・・などのメッセージに・・
・・・伊藤さんは、このように深読みして下さり、非常に嬉しいと話され、番組内でも色々な思いを込めて話している事もあるので、深読みして頂いたら、ぜひメールを下さいとおっしゃっていました
■伊藤さんのコンサートで、使用されているチェロのマッテオ・ゴフリラーの低音の響きが体に入りこんで来る感じがしました・・などのメッセージに・・
・・・伊藤さんは.音の出し方の研究などの貴重なお話しもたくさん聴かせて下さいました。
■良い作品に出会うと楽譜が欲しくなるというメッセージ、また他のリスナーのかたからは、楽譜を見る楽しさなど、伊藤さんのおかげで、ただ聴くだけではなく興味が広がりました・・などのメッセージに・・
・・・伊藤さんは、楽譜を読み解き、勉強して行くと時間もかかりますが色々な事が見えて来ると話され、ラフマニノフの作品『合唱交響曲・鐘』や、その他専門的なお話しもたくさんして下さいました・・・
■伊藤さんの近々のコンサート情報
〜7月28(日)水戸奏楽堂 15:00開演 「フランス音楽とイギリス音楽 」ご共演:ピアニスト 山田磨依さん

■11月16(土)、17(日)の、チェロ:伊藤悠貴さん、読売日本交響楽団、指揮:小林研一郎氏のドヴォルザーク・チェロ協奏曲の演奏会へもぜひいらして頂きたいと思いますとおっしゃっていました。